なんだか忙しい

母の死から2週間あまり
この子達に癒され
すこしずつ落ち着きが戻ってきました。


いろいろな母に関わる解約や書類を区役所に取りにいったり
やることたくさんありますね。
行ったり来たりする中で
母とよく通った道などで思わず涙ぐんでしまうことがあります。
何かもっとしてあげられたのではと思うと
よけいに悲しくなります。
でも悲しんでいても時は過ぎ
いつの間にか寒い季節になっていました。
寒くなってきたせいか
PA226097.jpg
集合することが多くなってきましたよ。

くっついていれば暖かいね。
PA296099.jpg

毛づくろいもしてあげる
PA296101.jpg

ブレてますが可愛いでしょ?
PA296109.jpg

PA306113.jpg

朝は毎日トースト(ジャムたっぷり乗せ)とコーヒーだった母
今も毎日同じものをお供えしています。
そして歳をとってもお化粧をかかさず、手元にはいつも口紅を
置いていました。
何かを食べた後にすぐ塗り直せるようにです。
女性として見習うところもありました。
明るいことが好きだったのでこれからは
メソメソしないでしっかり過ごしていきたいと思います。
この子達を見ると顔がほころびます。
だってじーっとみるんだもの。
どうしたニャン?って
何でもないよ~~
PA226095.jpg

ハロウィンですが今年はハロウィンケーキつくれなかったなぁ
かぼちゃは買ってあったけど。
かぼちゃのスープにでもしようかなぁ?
温かいものが美味しい季節になってきましたね。
PA306111.jpg
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

猫たちは真っ直ぐゆきたんさんのことを見ています。
その気持ちを正面で受け止めねばなりませんね。

お母様の思い出はなくなりません。
今は亡くなったばかり、悲しみの方が大きいですが
時間がたてば、悲しみと懐かしさ、楽しさうれしさの
大きさが同じくらいになって
やがて自分と同化してきます。

たまに涙がでることがあっても
それも良い思い出となるでしょう。

何よりお母様も生きている
ゆきたんさんたちの幸せを願っていると思います。
そういう方だったのでしょう?

Re: いくさま

はい、猫たちは変わらぬ瞳で私を包んでくれています。
笑顔で返せるようになりました。
母もきっと泣き過ぎる私を見るのは辛いでしょう。
いくさまのおっしゃるよに
たくさんの思い出を楽しく語ることができるように
幸せに過ごしていきたいと思います。
ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)