自分の体調不良と母の死が重なり
なかなか前を向くことができませんでした。
こんなにも母の死が悲しいものだとは思いもしませんでした。
風邪を引いていたとはいえ
前日まで会話をし、すりおろしたリンゴを美味しそうに食べていた母。
寝ている間に旅立ちました。
眠るようでした。今でも実感がわきません。
母のお世話は日常の一部、あたりまえの生活だったので
突然の旅立ちは信じられず、冷たくなった顔を何度もさすりました。
でも
そんな中
うちの猫たちはかまわず可愛く動きまわっています。
救いでした。

こんなにまん丸になって寝ています。
ホッとしました。
PA116062.jpg

眉間にシワを寄せてまでかじっていますよ。
笑うことができました。
PA196085.jpg

相変わらずだし
PA196069.jpg

ぼーっとしてたり
PA196081.jpg

箱に詰まってたり
PA116066.jpg

お顔がごっつんこしてたり
PA206090.jpg

くっついてる、くっついてる!
PA206091.jpg

洗濯物の上にはすぐ乗るし
PA216093.jpg

この子達のおかげで元気がでてきました。
またいつもの日々が戻るよう頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

そうだったんですか。
わたしも木金は風邪で
ふせっていましたが少し重なっていたんですね。
お母様の件、ご愁傷様です。

いつも一緒の人がいなくなることは
さみしいものです。
ここ4か月で私のいとこが二人も
なくなりました。
特に親しかったわけではないですが
なくなるとなんかピンとこないですね。

でもね、親が先に逝くのは順番的にも当たり前の
ことでその中でも幸いだったのが逆縁の縁にならなかったこと。
お母様もゆきたんさんに見送られたことが救いだったのだと思います。

猫たち動物は人間と違い自殺はしません。
それだけ一生懸命生きているということ。
だから人間のように感傷的にならないのだと思います。
自分の子供のことは命がけで守りますよね?
だから死んだりしてもずっとなめているいるわけです。

お母様の死もゆきちゃんたちなりに受け止めていると思いますよ。
そしてゆきたんさんに元気をもたらそうとしているに違いありません。

人間もたちなおりますよね。
それは生と死を知らず知らずに考えている証拠。
ゆきたんさんもいずれ元気になります。

そして今までお母様からもらった愛情を今度は
お子様や旦那様、ゆきちゃんたちに注いでいくでしょう。
それが人間の命の繋がりというものだと思います。

今はお母様のご冥福をお祈りいたします。

ゆきたんさん お久しぶりです。

私も介護を久しぶりに交代してもらいのんびりPC
を開いたら、悲報でとてもびっくりしています。
順番で誰もが通る道ですけど、辛いですね。
ゆきたんさん無理なさらず、お身体ゆっくり休めてくださいね。
お母様のご冥福をお祈りいたします。

Re: いくさま

ありがとうございます。

いくさまも大切な方々を亡くされたのですね。

ずっと母のお世話が続くことが幸せだと思っていたので
急な別れは辛いものがありました。
でも3匹の猫たちは変わらぬ瞳で
私を見つめてくれます。
いくさまのおっしゃるとおり
元気になってと言っているんだと思います。
みんなのためにまた笑顔を取り戻し
普段の生活に戻っていきたいと思います。
あたたかいお言葉にいつも感謝しています。
風邪が良くなりますように、お大事になさって下さい。

Re: のりっちさま

のりっちさん、ご無沙汰しております。
ありがとうございます。
突然の別れは悲しみが深いですね。
いつかはと思っていましたがまさか急に亡くなるとは
思いませんでした。
のりっちさんも介護本当にお疲れ様です。
大変なことよくわかります。
どうかお体に気をつけて無理なさらぬように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)