練馬駐屯地

コニャニャチは
わたくしチョビはいつも誰かに寄り添ってます。
今日は椅子ですが
毎日お母さんの後をついてまわり抱っこしてもらってます。
P4098697_convert_20180412085942.jpg

こんな風にボーっとしてると
お母さんが気にかけてくれます。
P4108702_convert_20180412090022.jpg

意味のないところを見つめていると
お母さんがその方向を不思議そうにながめていますよ。
本当にただぼーっと見ているだけなんだけど
猫的に何かが見えてるとお母さんは思っているのか必死で目線を
追っています。
P4128704_convert_20180412090040.jpg

早々と桜も散った日曜日。
いつもは高齢の父の世話で終わってしまう休日
久しぶりにお出かけしました。
と言ってもお隣の練馬区です。
練馬駐屯地のイベントに行ってきました。
邱エ鬥ャ鬧仙アッ蝨ー_convert_20180412084059

音楽隊の行進から始まり
P4088493_convert_20180412084159.jpg

小池都知事の登場
P4088517_convert_20180412084326.jpg

来たぁ~!!
P4088678_convert_20180412085654.jpg

戦車!!
P4088582_convert_20180412084951.jpg

P4088663_convert_20180412085514.jpg

P4088588_convert_20180412085030.jpg

P4088591_convert_20180412085050.jpg

いい場所を確保することができたので
砂埃を浴びながらも迫力ある車両の数々をまじかで見ることができました。
とにかく大きい!!
意外と速い!!
P4088666_convert_20180412085539.jpg

P4088649_convert_20180412085408.jpg

P4088576_convert_20180412084901.jpg

P4088579_convert_20180412084928.jpg

P4088555_convert_20180412084729.jpg

P4088574_convert_20180412084844.jpg

P4088592_convert_20180412085110.jpg

ザッザッザッザッ
P4088534_convert_20180412084505.jpg

銃の上向きと下向きの意味はなんでしょうか?
たぶんその説明もあったと思いますが見るのに興奮して
耳に入らなかったのでしょう。
P4088532_convert_20180412084449.jpg

P4088527_convert_20180412084414.jpg

ヘリもやって来ました。
P4088535_convert_20180412084523.jpg


P4088614_convert_20180412085234.jpg

バイクもやって来ました。
P4088550_convert_20180412084646.jpg

P4088545_convert_20180412084608.jpg

百人ラッパのみなさん。
P4088603_convert_20180412085215.jpg

ずらーり!
P4088601_convert_20180412085151.jpg

再び戦車ですが山谷超えて走ってます。
P4088681_convert_20180412085740.jpg


ちなみに北海道の千歳市では
普通に公道を走る戦車を見ることができるそうですよ。
P4088685_convert_20180412085805.jpg

ずらーり
P4088695_convert_20180412085924.jpg

どこの場所でも春ですね。
P4088693_convert_20180412085835.jpg

スポンサーサイト

満開❀

春ですね。
桜が満開です。


中野通りのさくら祭りは4月の第一金土日ですが
今年はとても早く咲いたのでお祭りの頃には葉桜祭りですかね。
P3258476_convert_20180327140136.jpg

マロンもゆきのお供えを食べますね。
P3188459_convert_20180327140003.jpg

ゆきは今どこにいるのかな?
白黒でシャンシャンみたいだから桜の木に登ったり
してるかな?
自由にのびのびと
まだゆきの写真をなでなでしながら泣いちゃったりするけど
出かけるときは笑顔でゆきに
「行って来るね」と言えるようになりました。

ゆき姉ちゃんが天国から見てますからニャ
P3258464_convert_20180327140026.jpg

チョビはますます甘えん坊で
抱っこ袋が欲しいくらいです。
赤ちゃんだった娘を片手で抱っこしながら家事をしていた頃を
思い出しましたよ。
P3168458_convert_20180327135942.jpg

P3258477_convert_20180327140200.jpg

ゆきが亡くなってから猫砂の減り方が激減しましたね。
ゆきは多尿だったので猫砂のかたまりが大きく
猫砂もどんどん補充しないとすぐに減っていました。
P3268479_convert_20180327140224.jpg

今はゴミに出す猫砂も軽くて
ゆきのいないことをその軽さで感じます。

P3278483_convert_20180327140246.jpg

先日仕事で浅草に行きました。
豬・拷・点convert_20180327141606

しだれ桜が満開です。
豬・拷_convert_20180327141528

外国人観光客の多さに驚きました。
もう何年も浅草に行ってなかったですが
雷おこしの存在はうすれ今はメロンパンのお店が目立っていましたよ。
それも一つが大きい!!
人力車もたくさんありました。
今度ゆっくり訪れたいですね。
豬・拷2_convert_20180327141548

月命日

ゆきが亡くなってひと月が過ぎました。
家にいるときはただゆきの写真をみてボーっとしていました。
ゆきがいないという事は本当のことなんだろうか
だってまだゆきの声も聞こえるようだし
ご飯の催促もされているようだし
なによりフワフワの毛並みが手に取るようにわかるから
チョビだってゆきを探しているようだから


やっとチョビやマロンの写真を撮れるようになり
その中にゆきがいないことに気づき
落ち込み悲しむ
これの繰り返しでしたがなんとかブログも書けるようになりました。

ゆきにお供えしたご飯をチョビが食べるのですよ。
ゆきは優しいから「もっとたくさん食べニャ~」と言ってると思います。
P3058451_convert_20180311184846.jpg

チョビやマロンも私を笑わせてくれるので
ゆきを心配させないようにいつもの毎日を過ごしていきたいと思います。
P3028446_convert_20180311184753.jpg

暗闇にマロンの目
P3028448_convert_20180311184811.jpg

イチゴハウスに入るべきか悩み中
P3098455_convert_20180311184906.jpg

正しいイチゴハウスの入り方。
ゆき、会いたいよ
P1128307_convert_20180115150103.jpg

ゆきが旅立ちました。

2月10日土曜日午後
ゆきが亡くなりました。
14歳8か月でした。


一時は食欲も戻りホッとしていましたが
だんだんとそれもなくなってきました。
その日私は仕事で先に帰っていたおやじさんが異変に気付き
病院へ連れて行き先生方に懸命な処置をしていただきましたが
亡くなってしまいました。
おやじさんからは留守電が入っていましたが聞くのが怖く
急いで帰宅し病院へ向かおうと外に出たとき
いつものキャリーバッグのほかに白い箱を抱えているおやじさんが見えました。
その白い箱ですべてを悟りました。
それからのことはあまり良く覚えていませんが
頭が痛くなるほど泣き翌日顔が変形した自分を見ても
ゆきの死は受け止められず
いくら体を揺すってもピクリともしないゆきに「起きて起きて」と
言っていたような気がします。

ゆき姉ちゃん寝てるですか?
P2118399_convert_20180215184239.jpg

早く起きてくださいニャ
P2118401_convert_20180215184302.jpg

ゆき姉ちゃん・・・
P2118402_convert_20180215184328.jpg

残されたチョビ、マロン
二人ともゆきにべったりだったからこれから大丈夫かな?

おやじさんの知人の子供がゆきを公園で拾ってきて我が家にどうかと
言われたときとても迷いました。
猫を飼った経験がなく、しかもゆきはまだとても小さかったから・・
迷っている時犬や猫を飼っていたかつての同僚が「可愛いわよぉ」
と言ったのがきっかけでゆきを我が家に迎えたのでした。
その後同じく野良猫だったチョビとマロンを家族にしましたが
ゆきは優しくどちらにも寄り添いました。
ゆきはとにかく優しい猫でした。

私が帰宅してドアを開けるとトコトコと玄関に来てくれたゆき。
お風呂に入っている間バスマットに座って待っていたゆき。
一緒に寝てくれたね、脚にまとわりついてくれたね、
可愛すぎて私がゆきの耳や頭を「んがぁ~」と口に入れようと
したときもだまってさせてくれたね。
今はみんな優しい里親さんの家族になっている子猫ちゃんたちを
保護した時もゆきは面倒みてくれました。
チョビやマロンがその子たちと距離を置く中
本当に優しく接してくれたね。
なんで死んじゃったの?
ごめんね、ごめんね
もっと一緒にいたかった、もっと長生きさせてあげたかった。
私がもっとしっかりしていればよかった。
後悔ばかりだよ、ゆき本当にごめん。

ゆきには迷惑だったろうけど
もう静かに眠っていたかっただろうけど
箱から何度もゆきを出し抱っこ抱っこしました。
お腹なんてまだ柔らかいし
おばあちゃんに抱かれる眠っている赤ちゃんみたいでしょう?
これが本当に最後の抱っこでした。
P2118403_convert_20180215184355.jpg
この後動物霊園に向かいました。

哲学堂動物霊園
以前友人の猫ちゃんのお葬式に立ち会ったことがあるので
その丁寧さはわかっていました。
P2118414_convert_20180215184435.jpg


P2118418_convert_20180215184526.jpg

ゆき
さようならだけどさよならじゃない
どうか戻ってきて、お願いだから
会いたいよ
ぽてぽてのお腹に触れたいよ
フワフワの毛をかきまわしたいよ
もし私を許してくれるなら
天国で見守っていておくれ

ゆきの遺影はふくぶくしく私もお気に入りの一枚にしました。
P2128425_convert_20180215184708.jpg

小さくなって戻ってきたゆき
P2128426_convert_20180215184609.jpg

これはゆきが2,3か月のとき。
かわいいでしょ?
P2128421_convert_20180215184641.jpg

何を見ても涙がこぼれる
ゆきの存在がどんなに大きかったのか
なぜ今ゆきがいないのか
先週は猫砂も勢いよくかいていたではないか
食欲もあったではないか
息をしていたではないか

チョビとマロンが長く鳴いてゆきを探しているようだ

再発

また膀胱炎の気配がしたので病院に行ってきました、

何度もトイレにいくのですが何も出ず
疲れて足元がふらつくこともありました。
尿検査で菌があることが判明。
ウンチも固く出にくい状態でした。
そして
P1238340_convert_20180123142830.jpg
同時にしこりも発見されました。
乳腺は過去のガンですべてとったのですが
病名は乳腺ガン。悪性です。
脇の下付近にしこりがあります。
ちょうど一年前に2度目の手術をしたばかり。
術後抗がん剤での治療もあると先生から言われました。
副作用で食欲と元気がなくなる抗がん剤治療を私は選択しませんでした。
今となってはそれは単なる飼い主の勝手な思いであって
抗がん剤治療をしていれば今回のように再発することは
なかったのではないか。
ゆきを苦しめる選択を私はあえてしてしまったのか。

P1218333_convert_20180123142749.jpg
先生からは手術がベストな方法だと言われました。
幸い血液検査では異常がなく
今は薬のせいか少し食欲は落ちましたがそれなりの食欲もあり
比較的元気なので切る範囲も狭い今回の手術は十分耐えられるだろうとのことでした。
ただ
しこりが下にある筋肉と癒着していたら手術は不可能とのことでした。
三回目の手術か・・
どうか肺に転移しませんように、心から強く願います。
痛みや苦しみからゆきを遠ざけてください。
P1218336_convert_20180123142810.jpg

こんな小さな体の中にいくつものガンがあるなんてかわいそうではないか
なんで2つで終わってくれないのか
手術ができなかったらイコール死を待つということなのか
そんなのはいやだ
ことしで15歳になるんだよね、ゆきは
だからもっともっとたくさん一緒にいるよ。